HOME > アマ均整院からのお知らせ

アマ均整院からのお知らせ

ゴールデンウイーク

最近やっと爽やかな日々が続き、気持ちいいhappy01
この気候がしばらく続くと良いのだが、ゴールデンウイークに入ると突然暑くなる。特にここ近年はその傾向が強いdespair   
すっかり温暖化が加速した日本の気候だ。
ゴールデンウイークに遊びすぎると気温の変化と遊び疲れで、すっかり身体はまいってしまう。
この時期はこれから来る暑い季節に備えて、衣更えと共に、身体を慣らすために適度な運動などをするとよい。   
くれぐれも消耗しきらないようにcoldsweats01  

指先の感触

最近化粧品を変えて、洗顔とマスク(パック)だけの超簡単なお手入れ、
ところが思った以上に効果あり、
肌がすべすべにhappy01
手で触ってみると明らかなのに、鏡で眺めてもあまりよくわからないdespair
やはり「指先の感覚」はとても敏感だとつくづく実感sign03
それを考えると、よく背骨を手で触ってみてこの辺が曲がっているとおもっても、レントゲンをとると何でもないと言われる。
やはり「手のセンサー」のほうが鋭いのだ


春眠暁を覚えず

春は何となく身体がダルク、目覚めが悪いと昔から言われているけど、日が明けるのが早くなったせいか、目覚めは冬よりも良い気がする。
でも身体がかったるいのは確かで、何処か悪いのかとおもってしまう。
季節の変わり目、特に春は気温が高くなってきて、身体が緩んで来ると、だるさがでてくる。
自律神経もコントロールが利かなくなって体調不良をおこす。
でもなるべく規則正しい生活を心がけることが自律神経の働きをよくし、調子もよくなってくる。

子供の健診

春は学年や学校が変わったりで、子供の環境が大きく変化する。そうすると子供の体調に影響を与え、何となく身体がだるいとか、お腹の具合が悪かったり、夜あまり眠れないなどの症状を訴える。
春休みは子供の体を点検する絶好のチャンスsign03
子供といえども体調不良はからだにきちんと現れている。
でも大人と違って、ちょっと調整をすればすぐによくなる。2,3回体を調整するだけで、びっくりするほど回復する。  そうすると新学期生活もスムーズにはいっていけるhappy01

歌うこと

歌うことはストレス発散はもちろん、自律神経を整えるのに最適happy01
腹式呼吸によって副交感神経が優位にとなると、リラックス効果が得られる。
最近多い自律神経の不安定な症状を訴えるひとの改善に何とかうまくつかえると良いのだが、

大雪


東京では珍しいほどの大雪が降り、大騒ぎdespair
道路が一面真っ白で、雪国なみの景色になった。
今までの雪は水分が多く、みぞれというほうが当たっていたが、先日の雪は本当の雪だsnow
ちょっと感激、  でも道路は人も車も悪戦苦闘sad
雪かきにおわれてみんな腰が痛いと大騒ぎ、
喜んでいたのは子供だけ、  でも雪遊びってなかなか童心に帰れるし、雪玉もそんなに危険でもないので、思い切っり投げることができ、子供に交じって大人も大いに楽しんでいたようだ。
ゆきのおがげでストレス発散できたかhappy01

坐骨神経痛

ここ数日は寒い日がz続いている。そして昨日は思わぬ大雪!ある程度覚悟していたが、ここまで降るとは予想外。
さすがに寒い日だった。
寒くなると神経痛がひどくなる。
先日坐骨神経痛でお尻が盛り上がっていたひとに、坐骨神経の出どころにお灸を数壮すえたら、あらあら不思議、盛り上がっていたお尻がスッとへこんでしまった。
こちらもあまりの効果にビックリ!
多分急性の症状だったから良く効いたのかもしれない。
やはり温めるのは良いようだ。

声の秘密

声が良く出るようになりたい。

発声法を学ぶのは当然が、それ以外にも身体の秘密があるのです。
喉や首、肩などは一般的ですが、実は下半身に秘密あり、
そこを刺激すると声が出やすくなる。
声がかすれる人も大丈夫です。

音楽家の体調管理1

音楽家といってもいろいろ、楽器によって体の使い方は違う。
歌をうたう人は首や、肩は脱力し、腰から下はしっかりと支えることが大事。
でも人はどうしても上半身に力が入りがち、
そうすると喉に力が入り、のびやかな声が出なくなる。
また腰が弱いと下半身の支えが足りず、声をうまくコントロールできない。

歌をうたう人は喉の管理だけじゃなく、身体全体の調整がとても大事。


喉のケアー

今年の冬は急に気温が下がり、空気も非常に乾燥しているので、風邪をひく人が増えている。
風邪の予防はやはり喉、鼻の乾燥をふせぐこと。
夏は暑いから、自然と水分をたくさんとるけれど、冬は意外と水分補給をしないかもしれない。
そうすると知らないうちに水分不足になっている。チビチビと水分をとり喉をうるおす習慣をつけることが大事。

特に喉を遣う人、アナウンサーや歌をうたう人はかなり気を使う。
水分をとるだけではなく吸入をすると良い。

ちょっと鼻やのどがイガイガすると思ったら吸入をすると風邪の予防になる。
また喉に少しでも痛みを感じたら、のどに軽く鍼をするとすぐに痛みがとれて風邪にならなくてすむ。
特に歌をうたう人は喉の痛みはつらいこと。
早めの対応が大事。

<<前のページへ23456789101112

アーカイブ

このページのトップへ