HOME > アマ均整院からのお知らせ > アーカイブ > 2019年3月アーカイブ

アマ均整院からのお知らせ 2019年3月アーカイブ

自律神経失調症

    最近自律神経失調症という言葉を良く聞くようになりました。
 その昔いわゆる昭和の時代はこんな言葉はあまりなかったと思いますが、近年パソコンの普及、また最近はスマホも加わって、自律神経が乱れる原因が多くなりました。
  一口に「自律神経失調症」といっても、その症状は様々で、頭痛、眩暈、耳鳴り、などの首から上の症状、食欲不振、胃痛、便秘下痢などの消化器症状、または心臓の不整脈や咳など、
またまた、不眠、不安、うつ症状などメンタルに出る場合。
   人によってどの症状が強いか、個人の体質や性格で異なります。
これらの症状の改善するには薬や生活習慣などで対応することも必要ですが、
やはり自律神経を整えなければ、改善できません。自律神経は背骨から出ているので、背骨の状態を適切に判断して、それを整える必要があります。
  自律神経は筋肉の疲労たは違って、すぐには変わりません。少しずつ時間をかけて治していかなければなりません。 気長に取り組んでください。

電磁波、経皮毒

  最近は人の体も心も何かおかしい。アレルギーも増えているし、免疫力も低下しているし、何より「心、精神」が狂ってきている。
   原因ははっきりしないが、考えられるのは一つには「電磁波」がありそうだ。
家電製品もあるけれども、何と言っても影響が大きいのは「パソコン」「携帯電話、特にスマホ」、これらの電磁波の影響は相当大きい気がする。特にスマホは常に持ち歩いているし、しかもかなりの時間使っている。ここから受ける電磁波はどの位だろうか?
   きちんとしたデータは知らされていないので、推測の域を出ないが、

また、もう一つ大きな影響のあるのは「経皮毒」、結構前から警鐘を鳴らされていたけど、
はじめはおもに化粧品についてが多かったが、最近は紙オムツ、おしりふき、おてふき、ナプキンなど、世の中的にとても便利なものだが、これらに使われている化学物質が毛穴などから体内に入って悪さをする。
   ベルギーでは紙オムツやおしりふきは使わないそうだ。おしりふきはコットンにオイルをつけて使うらしい。ナプキンもう布ナプキンを使用する。
   経皮毒は肛門や性器からはいる影響はかなり大きいとのこと。

   安全を考えずに利便性をもとめてきた付けは大きい。

1

« 2019年2月 | メインページ | アーカイブ

このページのトップへ